通販でのぼり旗を購入するなら

Copyright (C) のぼり旗を有効活用する方法

 

 

のぼり旗を自作で作る方法

のぼり旗の歴史は古く戦国時代の戦いの時に、敵味方を区別する為に
用いられていたのが起源であると言われています。

当時のデザインはそれぞれの家の家紋に文字や色などを加える事で、
より自分の軍の強さなどを表していたようです。

現代では戦いではなく広告で、のぼり旗を使用されていますが
基本的な考え方としては、他のライバル店などには負けないという意味も
多少は含まれているようです。

飲食店などを中心に様々な業種で店頭に設置されているのぼり旗ですが、
今は実際に業者に頼む事なく自分で制作する事が可能です。

のぼりの業者に頼む

のぼり旗を制作するのに必要なものとしてはパソコンが必要で、
中でも専用のソフトであるPhotoshopがあれば、どこかの業者に頼むと
意思の疎通が上手くいかなくて、詳細などが思っていたものと違うという事なく
好きなデザインのものが作れます。

まずのぼり旗に入れる画像を切り抜いて合成したり修正をするのに
用いられるソフトで、最終的には色を調整する作業などを行います。

最終的に文字などを気に入った配色でバランス良く配置して出来たら
デザインを完成させて、旗を作る為の専用のポリエステルの布にプリントして完成します。

Photoshopで制作する場合の色の注意点

自分でパソコンで制作する場合に専用のソフトに取り込む画像が
写真などの場合は、RGBカラーモデルとして保存されている場合が多いので注意が必要です。

このRGBというのは、コンピューターのモニター上で光の量を
それぞれ変化させてカラーを実現していて、もう一方のHSBカラーモデルというのは
人間の目で見える色で、配色のバランスで変えていくようになっています。

このHSBの意味というのは、色相と彩度と明度という意味で、
色相は輪の形で表示されているので0度から360度で表示されるようになっています。

彩度は色の鮮やかさの度合いで数値が低いと彩度も低くなり、
数値が高いと彩度も上がります。

色使いのポイント

明度は色の明るさの度合いで数値が低いと暗くなり、高くなるにつれて明るくなっていきます

RGBカラーは、赤と緑と青の色の数値を調整して色を作る事に対して、
HSBカラーは色鉛筆を輪の形に並べて、その中から好きな色を選んで
色の鮮やかさや濃さなどを調整していくという事です。

人の目で見るもののとしては、HSBカラーの方が目にやさしくなっていますが、
白に関しては明度100%が白ではなく、彩度を下げて明度を上げながら
白に近づけていく作業をしないといけないので、そのポイントだけ注意が必要です。

 

 

ホームへ  のぼり旗の通販の良さ  具体性  伝えたいこと  ポイント  飲食店の既製品ののぼり旗を購入する  のぼり通販.comがお勧め  色使い  ギャップ  ランチ  作り替える  アピール効果  防炎のぼり  アイドルの応援にのぼりを使う  入塾案内のぼり  デザインの決め手  サイト案内