のぼり旗の立て台にも種類がある!安定感のある立て台を選ぶポイント

Copyright (C) 通販でのぼり旗を買う時にやってしまいがちな失敗

 

 

素材で選ぶ立て台の選び方

のぼり旗の立て台は様々な素材で作られています。それぞれの種類により
特性は変わってくるので、場面に合わせて選んでください。

まずは販売されていることが多いプラスチック製です。プラスチック製は
水を入れる蓋が付いている注水台と呼ばれるものがおすすめで、
水を入れることで安定性を実現します。

安定したのぼり台

水を抜けばプラスチックなので軽く持ち運びしやすいことはメリットです。
容量によりサイズを選べることも魅力で、8リットル16リットル20リットルなどから選べます。

屋外に設置するときは16リットル以上のものを選びましょう。20リットル以上のものなら、
風が強い日に出しても倒れる心配はほとんどありません。

次におすすめなのがコンクリート製の立て台です。コンクリート製なので重量感と丈夫さが魅力で
屋外で使うことはもちろんのこと長期間のぼりを展示するときに使えます。

注水台と比べると凍結の心配もありません。
デメリットは重くて持ち運びがしにくいことです。

また、スチール製のスタンドもあります。こちらは屋内で使いやすいものです。
折りたたみ式があり、デザイン性が高いものも見つかります。
安定感に関してはあまり重量のあるものがなく、屋外で使うことはあまりおすすめしません。

安定感を出すための設置ポイント

のぼり旗を設置するときはどのように置くと安定感が生まれるでしょうか。

一つの方法が壁に設置することです。フェンスや柱、壁などにポールを取り付けることで固定することができます。
固定するときは結束バンドがあると便利です。結束バンドにより直接括り付けることができます。

のぼり旗を固定するための専門の取り付け器具もあります。フェンスにビスを取り付けて取り付けるものや、
金属製のホルダータイプのものもが一般的です。のぼり旗を固定するときは地面に基礎を作っておく方法も有用です。

地面に穴を掘っておき、基礎を作ってそこに差し込む方法があります。石柱を立てて、間にポールを差し込む方法もあります。

のぼり旗を長く使うときは耐久性についても考えておきましょう。のぼり旗の作り直しは屋外の場合、
だいたい3ヶ月が目安だと言われており、3ヶ月経過すると色あせやほつれなどがあります。

のぼりの耐久期間

スタンドに関しては年単位で耐久性を誇りますが、プラスチック製の場合は凍結などにより割れることがあります。
スチール製は屋外で使用する場合はサビに注意してください。コンクリート製のときはベース部分が破損することはないでしょう。
ただ、ポール部分が壊れることがあります。

使用の用途に応じて、のぼりの付属品や設置方法を考えていくと良いでしょう。

 

ホームへ  のぼり旗の通販の良さ  具体性  伝えたいこと  ポイント  飲食店の既製品ののぼり旗を購入する  のぼり通販.comがお勧め  色使い  ギャップ  ランチ  作り替える  アピール効果  防炎のぼり  アイドルの応援にのぼりを使う  入塾案内のぼり  デザインの決め手  安定するのぼりの立て方  のぼりで訴えられること  変形のぼりの利点  サイト案内