通販でのぼり旗を購入するなら

Copyright (C) のぼり旗を有効活用する方法

 

 

通販でのぼり旗を買う時にやってしまいがちな失敗

 のぼり旗は通販サイトで購入することができるので便利ではありますが、
気を付けていないと失敗してしまうことがありますので注意が必要です。

通販サイトでのぼり旗を購入する時によくある失敗は、サイズの選び方を間違えるというものです。

のぼり旗というのは、サイズに種類があり、明らかに違いがある場合もあれば
ちょっとした違いがある場合もありますので、気を付けて選ぶことが大切です。

基本的には600X1800mmのサイズが最も多く用いられています。
取り扱いもしやすく、デザインも表現しやすいため使い勝手が良いサイズです。
他にも、少し小ぶりな450X1500mmや、大きめのサイズのジャンボのぼりなど
用途に応じてサイズを選ぶことができます。

並べ方に注意

また、デザインの内容の選び方も注意が必要です。
単純にデザインの良さで選んでしまうのは危険です。

というのも、のぼり旗を遠くから見られることが多い場合には、あまり小さな文字だと、はっきりと読むことができないからです。

文字の大きさ

大きな文字のデザインののぼり旗であれば、結構距離があっても文字を読むことができますから、宣伝効果が高いと言えます。
ちなみに、オリジナルのデザインで作成しようと考える人もいるでしょうが、既製品で自分がイメージしているような物があれば
それで事足りる場合もあるものです。

オリジナルだと費用が高くなりますから、無駄にオリジナルを選んで失敗することがないようにしたいところです。

 

「ふらっと入店」が多い外国人客に向けたのぼり旗の活用方法

2018年には訪日外国人観光客数が3,100万人を超え、前年比を8パーセントも上まわって統計開始以来の最高記録を更新しましたが、2020年には東京オリンピック開催も貢献してさらに増加すると見込まれています。

観光業界はもちろん、あらゆるビジネス効果を予測する産業界が観光客の動向に目を向けていますが、中小都市の商店街であっても他人事ではありません。
大掛かりな宣伝をする必要はありませんが、目にとまるサインは有効です。日本人は旅行に出る前から入念な下調べをし、計画どおりに動く傾向が強いものですが、外国人はむしろ対照的で、縛られることを好まず、気の向くままにあちこち出かけることの方が多いと言えます。

訪れるエリアは大まかに決めていても、あらかじめ的を絞って来店しないからこそ、いく先々で目に飛び込んでくるものが頼りとなり、何も目印がないよりは、
例えばのぼり旗がたなびいている場所の方が興味を覚えるに違いありません。

その時の気分次第ではありますが、彼らの感覚に触れる要素があるかないかが重要になります。
勢い余って細々と宣伝文句を並べるのはかえってマイナスで、見やすくストレートに訴えることがポイントとなります。

その際、すでにある日本語の宣伝文句と同じように英語を並べる必要はありません。そうすればきっと見にくくなり、かえって印象が薄れてしまうことになります。

飲食店  のぼりのデザイン  ラーメン  イメージ  ランチ  耐久性  お得感  防炎のぼり  アイドルの応援に